We noticed you are using Internet Explorer 11, this web browser is no longer supported, your experience might be degraded.

こんにちは。ご用件をうかがいます。

ブリュッセル航空が新しいブランド・アイデンティティを発表

11月18日、ブリュッセル航空はベルギーのナショナルフラッグとしての市場ポジションをさらに強化する新しいブランド・アイデンティティを発表しました。色とロゴ、航空機デザインを一新。これらは、将来の課題への備えとともに、このベルギーブランドの重要性を改めて強調する航空会社の新章を表しています。それは、競争力のある費用構造を維持しながら、顧客体験、信頼性、持続可能性を重視するステージです。

ブリュッセル航空の2022年夏のバカンス向け路線を発見

新型コロナ禍による非常に困難な時期を経験したブリュッセル航空は、機材、顧客体験のさらなる充実、新しい技術やプロセスへの戦略的投資とともに将来へのフォーカスを強めます。

 

「新しいブリュッセル航空のスタートを切るには、情熱や活力が必要でした。それは、お客様に最高のサービスを提供するためにも、従業員が変革に取り組み、それを推進し、日々、実現に向け努力するためにも必要なものです。この新たなブランド・アイデンティティによって、当社はお客様、従業員、パートナー、そして他のすべてのステークホルダーに対し、ブリュッセル航空が再び旅のパートナーとして新しい一歩を踏み出すつもりであることを示します。ルフトハンザ グループのネットワークを形成する4社の一員として、当社は確かな将来につながる道を築いていきます。私たちは、ブランド刷新は己への自信を表すものであり、ベルギーのナショナルフラッグとして、ベルギーらしさを再び強調するものと考えています。


ブリュッセル航空 CEO(最高経営責任者)、Peter Gerber

 

「新しいブリュッセル航空の実現を目指す一方、コストと持続可能性への集中は引き続き当社にとって最重要事項です。無駄を省き、高い生産コストを回避するために、当社の新しいブランド・アイデンティティは段階的アプローチで実施されます。例えば航空機ですが、資金や塗料を含むその他リソースの浪費を避けるために所定の塗装期日が来るまで再塗装は行いません。つまり、機材の再塗装には数年を要します。このため、前のブランドを皆様が目にすることになるかもしれませんが、破損や消耗が生じたり、有効期限が切れるまで資源を大事に使っていきます」

 

ブリュッセル航空、プロダクト & マーケティング、顧客体験部門長、Wencke Lemmes

 

新しいブランド・アイデンティティには、ブリュッセル航空らしさを表す新バージョンのレッドとブルーも含まれます。レッドはより深みを増し、ブルーもよりダークな色合いです。尾翼には現在、ドットからできた「b」が描かれていますが、新しいデザインでは、大きさの異なる9つのドットが正方形を形作ります。これはお客様、目的地、また従業員の多様性を表すものです。ひとつとして同じ点はありません。刷新されたロゴには新しくよりモダンなタイプのフォントを使用しています。これまで2語だったブランドネームは「Brussels」と1語になり、サイズが大きくなった分、より重要さを増し、ベルギーのアイデンティティを強調しています。また、新しい航空機のデザインでは、尾翼に描かれたドットのロゴマーク、フレッシュな白いボディ、濃淡のあるブルーとグレーの連続が見る者の注意をひきます。

 

このような目に見える新しいアイデンティティに加え、ブランドの刷新も新しいタグラインに現れています。「You’re in good company(フレンドリーなスタッフにお任せください)」

 

「当社の最も重要な財産であるすばらしいスタッフによるお客様への行き届いたおもてなしを強調するタグラインを選びました。舞台の表裏を問わず、どこでも、彼らの働きがあってこそお客様は安心して空の旅を楽しむことができます。透明性への取り組み、より環境に優しく、より快適な機材への投資、年中無休の体制や、お客様が追加料金を支払わなくても必ず隣同士の座席になれるサービスの提供など、当社は、お客様にとって本当に重要なことをご提供したいと願っています。特別な事ではなく、当然のこととしてです」

 

ブリュッセル航空 マーケティング部門長、Michel Moriaux

 

こちらでご覧ください